ホーム > 天草の観光情報
天草の観光情報

鬼の城公園

住所:天草市五和町
五和には、大昔、村人と仲良くしていた鬼がお坊さんと力を合わせて、村人を襲う大蛇を退治したという伝説が残っています。鬼の城公園は、そんなやさしい鬼たちのテーマパーク。高さ13mの「鬼の城展望塔」や鬼瓦を乗せた柱を配した「鬼の回廊」、「鬼の広場」、「鬼の泉」などまさに鬼づくしの公園です。
隣接地には、すべり台や人間ロープウェイなど楽しい遊具がそろっている「キッズガーデン」や、大蛇が巻いていた跡といわれる岩肌に石仏百十体が安置されている「石仏群」、町内に点在するキリシタン墓碑を集めて整備した「キリシタン墓碑公園」もあります。

天神山

住所:天草市五和町
五和町と海を一望できる山です。山頂近くまで車で登ることができます。山頂には、学問の神様・菅原道真公を祭った菅原神社があり、人里離れた場所にもかかわらず入試を控えた親子連れの参拝の姿も見られます。

えびす像公園

住所:天草市倉岳町宮田1284-6
「倉岳大えびす」像は総大理石で造られ、台座を含めると高さ10mと日本一の大きさです。えびす様は昔から豊漁や航海の安全祈願のために尊ばれ、大事にされてきました。今は全国から集まる太公望や地元の漁師たちにやさしくほほ笑みかけています。敷地内の「えびす茶屋」ではシモン商品の購入と食事が利用できます。

黒崎海水浴場・キャンプ場

住所:天草市五和町御領
本渡との境界にある海水浴場。砂浜のうしろにキャンプ場があります。海岸は遠浅で子どもでも安心して遊ぶことができます。

本渡海水浴場

住所:天草市本渡町広瀬
広いビーチ全体が湾内にあり、波が穏やかで、遠浅なので家族連れにお勧めです(海水浴シーズンには、ビーチフェンスを設置)。また、自然を生かした海岸環境整備を行い、海水浴だけでなく、ボードセイリングなどのマリンスポーツも楽しめます。また、現在、オリンピックの公式競技となっている距離51.5キロのトライアスロンを1985年、『天草国際トライアスロン大会』として日本で最初に開催したのがこの海水浴場で、日本発祥の地の記念碑も建っています。

五和歴史民俗資料館

住所:天草市五和町二江384
縄文時代の沖の原貝塚の出土品、江戸時代の漁具・生活用品などが展示されています。また、縄文時代の土器による製塩を再現した製塩装置なども展示されています。五和歴史民俗資料館の立つ通詞島の周辺には、縄文時代の遺跡があり、また周囲の海域では、イルカが泳ぎまわっています。

本渡歴史民俗資料館

住所:天草市今釜新町3706
本渡市街地北部にある県指定遺跡「妻の鼻墳墓群」から出土した勾玉や鉄剣などの古代遺物から江戸時代の古文書、さらには民具や民芸品などの民俗資料約2000点を収めた、天草の古代からの歴史の流れを知ることができる資料館です。

道の駅有明「リップルランド」

住所:天草市有明町上津浦1955
平成6年7月にオープンしたリップルランドは、天草市の玄関口である有明町に位置し、連日多くの観光客で賑わっています。リップルランド内には物産館やレストラン、シンボルタワー、アスレチックなどの施設があるほか、天草の物産品や地元の農林水産物が、所狭しと並ぶ直売所コーナー。有明町の名物「タコすてーき」が真空パックになって登場し、この他にもタコ関連の商品(タコ」めしgoo、タコくっきい、タコめし、タコみそなどタコづくするなど物産商品も充実しています。併設のレストランでは、おいしいランチを口にすることができます。

ありあけタコ入道

住所:天草市有明町上津浦
リップルランド前の海岸に平成17年10月18日完成した「タコのオブジェ」。有明町では平成16年度から商工会を中心に「タコによるまちづくり」を進めています。その一環として、巨大タコのモニュメントを製作しました。制作者は御所浦町の造船業「アクアマリンまつなが」の松永英也さんが手がけた作品です。タコの足に入って写真撮影ができるなど、新たな観光スポットとして、人気を呼んでいます。